この馬なりに頑張っているよ

予想が高度過ぎたために馬と騎手が付いて来ない・・・
 
 
プロフィール

Author:シャトー
ラーメンの食べ歩きと料理が趣味。毎週馬券を買うことが習慣。『3連複自由自在』の著者北野義則氏の理論を活用し、近走のレース内容から穴馬を見つけ出す。

訪問者数
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さい牧場のでっかい夢ランベリ 

(ラーメン日記33)

フォト

フォト

フォト

ローストチキンの骨からダシを取ったラーメン。

麺は白河ラーメンを使いました。
でもラーメンに付いてきたスープ自体が"鶏がらベース"だったため、かなり油っこいラーメンになってしまいました。

スープからラーメンを作るのは本当に難しい。

※余ったスープは冷凍保存してあります。野菜の風味が足りなかったので、野菜を入れて作りなおしてみたいと思います。


<シェフの馬券フルコースABC>


中山10R 有馬記念

有馬記念といえば2005年、あれほど惚れ込んでいたハーツクライを「中山では届かない」と消した。その"消し宣言"を聞いた周囲の馬友たちがハーツクライを買って集団的中させていた。

また2007年、「ロックドゥカンブで間違いない!」と大々的に宣言したら…「4番人気馬なんて言わないでもっと人気薄を教えろ!」という声に「穴はマツリダゴッホかな?」と呟いた。

結果はマツリダ1着、ロック4着…マツリダゴッホの単複で大儲けした知り合いがいる。

つまりあらっちの有馬記念利用方法はいろいろあるってことで。今年も期待してみては。


3歳馬が大挙7頭出走する。しかしそのなかにダービー馬の姿は無い。

古馬に至っては天皇賞の上位5頭、ジャパンカップの上位4頭が不在。

ロジユニヴァース(ダービー1着)
カンパニー(天皇賞1着)
スクリーンヒーロー(天皇賞2着)
ウオッカ(天皇賞3着、ジャパンカップ1着)
オウケンブルースリ(天皇賞4着、ジャパンカップ2着)
シンゲン(天皇賞5着)
レッドディザイア(秋華賞1着、ジャパンカップ3着)

これほどまでに主役がいないグランプリは珍しい。ならば初GI挑戦は"新鮮さ"という魅力がある。

メンバー中唯一の初GI出走となる◎ミラビランベリは2500mの重賞を2勝している。

その年に非根幹距離の重賞で勝ち負けしながら近走の成績が悪く人気を落とした馬が大穴のパターン。

アメリカンボス、タップダンスシチー、シルクフェイマス、ポップロック、アドマイヤモナーク、エアシェイディ…etc、すべて2200mもしくは2500mの重賞で馬券に絡んだ実績があった。

特に非根幹距離の重賞は1~3月に組まれているケースが多く、今年の実績なのか去年の実績なのかよく分からなくなってしまう点も人気を落とす要因だろう。

前走でアルゼンチン共和国杯を勝っているミヤビランベリは見え見えの穴馬だが、枠順と血統を加味して大きく狙いたい。

リーチザクラウンが逃げるレースがスローになる訳がない。引退レースのマツリダゴッホが早めに動けば間違いなく消耗戦になる。そんなレースでこそオペラハウスを経た欧州スタミナ血統サドラーズウェルズの血が活きてくる。

2枠3番という絶好枠なら逃げなくても持ち味を存分に活かせる。


ミヤビランベリを生産した原武久牧場はあと4日で47年の歴史に幕を下ろす。これが文字通り"最初で最後のGI舞台"、もし勝てば苦境のなかにいる中小零細牧場の希望になる。

小さな牧場の大きな夢が叶う瞬間を見届けたい(こういう小さな牧場の夢に賭けたときはほぼ外れる…)。

ミヤビランベリ奇跡の有馬挑戦、感動の記事はこちら↓
http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20091222-578318.html

◎3ミヤビランベリ
○9ドリームジャーニー
▲11イコピコ
☆1アンライバルド
△6エアシェイディ
△2ブエナビスタ
△4マイネルキッツ
△7マツリダゴッホ

菊で世話になったスリーロールス、フォゲッタブルのダンスコンビは、中山不向きと見てばっさり切る!

穴は前走の先行策がスパイスになりそうなイコピコ。実はこの馬の母系にはトニービンもノーザンテーストも入っている有馬記念血統だ。

◎の単
◎から馬連流し


中京12R 尾張ステークス

前走は後方で何もできなかった◎オースミダイドウ。走りを最後まで投げなかった前々走の内容から復調していることは確実で、2戦2勝得意の中京で完全復活。

◎10オースミダイドウ
○1カツヨトワイニング
▲4ファルカタリア
☆7ヘイローフジ
△14ケイアイアストン
△5アポロフェニックス
△9アーバンストリート
△11ヘッドライナー

◎の単
◎から馬連流し


阪神12R ファイナルステークス

落馬あり、大出遅れあり、直線では不利が多発!
超ハイペースになって毎年追い込みがバンバン決まるのが最終日の阪神外回り。

連闘で勝負しに来た◎タマモナイスプレイの追い込みが嵌る。前走は直線の不利が大きかった。

相手はこの秋本格化したエーシンフォワード。阪神外回りではディープスカイに先着した実績もある。

◎12タマモナイスプレイ
○9エーシンフォワード
▲2アップドラフト
☆6リザーブカード
△4フィフスペトル
△3キャプテンベガ
△1マイネルフォーグ

◎の単勝
◎から馬連流し


明日は父親を中山競馬場まで連れていく。
たぶん父ちゃんにとって、最初で最後の有馬記念観戦。

恐らくすっからかんになって帰りの電車代も無くなるだろう。

60歳を越えているのに中身は小学生みたいな人だ。親というよりも友達、いやどちらかというと弟みたいな人だと思う。

帰りの新幹線代くらいは馬券で稼いでやらないといかんな。まったく世話のやけるじいさんだ。



1年間くだらない予想にお付き合いいただきありがとうございました。

有馬記念は当たり外れよりも好きな馬に、夢を託してください。

ではみなさん良い有馬記念を!GOOD LUCK!

このCM見てテンション上げてください。




スポンサーサイト

4着じゃ許さんカルロ 

(ラーメン日記32)

今週はラーメンを開拓できていないので、今夜はドロップを登場させます。

フォト

味は甘いような、しょっぱいような微妙な感じ。きっとコショウをプラスしたらそこそこいけると思う。

ちなみにこのドロップを作っている日本観光協会という北海道の会社では、いろいろな味の商品を作っているので一度試してみては。

焼酎ドロップは頭痛くなったけど・・・。


<シェフの馬券フルコースABC>


中山11R 朝日杯フューチュリティS

実はこのレース5年連続で馬券をゲットしている。

2004年◎マイネルレコルト(2番人気1着)
2005年◎スーパーホーネット(5番人気2着)
2006年◎ドリームジャーニー(2番人気1着)
2007年◎レッツゴーキリシマ(10番人気2着)
2008年◎フィフスペトル(5番人気2着)

mixiで初めて日記を書いたのがちょうど3年前のこのレースの予想だった。◎ドリームジャーニーの単勝5000円馬券を張り付けたのが懐かしい。

なぜ当たるのか?理由はひとつしかない。後期分の授業料振り込み日が迫っているからだろう。今年も12月25日が迫っている。

偶然は気付いた時には偶然で無くなる。当たり前のことかもしれない。力を抜いて予想したい。

◎ダイワバーバリアンは引っかかりながらデイリー杯4着、その後東京で500万条件を勝っての臨戦過程。同じような道を歩んだのは4年前の2着馬スーパーホーネット。

追い込み馬が上位を占めるケースが多いデイリー杯2歳ステークスを前で踏ん張った馬はよく出世する。メイショウボーラーしかり、ローレルゲレイロしかり、去年だってホッコータキオンが不利な外枠からよく踏ん張った。

矢作厩舎は新しいスタイルの厩舎ということで民放のバライティ番組でも特集が組まれたりする開かれた厩舎を目標にしている。厩舎初のGI挑戦が朝日杯のスーパーホーネットだった。あの2着から4年…忘れ物を取り戻すときがやってきた。


○ローズキングダムが新馬戦で見せたパフォーマンスは間違いなくGI級。橋口=小牧の1番人気馬といえばいやでも思い出すが2004年の3着馬ペールギュント。もうあのときの轍は踏まない。父キングカメハメハは昨年2着フィフスペトルの父、母父サンデーは昨年の勝ち馬セイウンワンダーと一緒。最新の朝日杯血統だ。


◎2ダイワバーバリアン
○8ローズキングダム
▲12エイシンアポロン
☆6キングレオポルド
△15トーセンファントム

◎から馬連流し
◎○のワイド


阪神11R 阪神カップ

超難解。

人気どころはどれも信用できず、穴候補はゴロゴロいる。なかでも◎サンカルロに期待する。3歳春に中山でマイル重賞を勝ち、富士S→マイルCSと歩んできた馬といえば3年前の3着馬マイネルスケルツィ。父はともにロベルト系。

ここ2戦は外枠から溜める競馬ができず負けているが、前走は直線で見どころある伸びを見せた。内枠を引いたら好勝負と思っていたら・・・また大外枠。

土曜のニシノブルームーンもだが、枠順の影響は本当に大きい。自信は全くありません・・・。でも4着じゃ許さん、どうせ来るならちゃんと3着に来てね。

◎17サンカルロ
○4マルカフェニックス
▲7ワンカラット
☆8ザレマ
△12ドラゴンファング
△6ストロングガルーダ
△9フィールドベアー
△13プレミアムボックス

◎の複勝
◎○▲☆+当日の気分次第で1~2頭の馬連ボックスをつくる


阪神9R 猪名川特別

連闘◎ヤマカツゴールドで勝負。前走はスムーズさを欠いた不完全燃焼のレースだった、実績のある距離に戻って巻き返す。

◎3ヤマカツゴールド
○8オートドラゴン
▲12サトノエクスプレス
☆5トップゾーン
△1メイショウジンム
△7ロードアリエス
△10フサイチオフトラ

◎の単勝
◎から馬連流し




大外枠克服ニシノブルームーン 

(ラーメン日記31)

サッポロ一番塩ラーメン 

フォト


今週はラーメン食べていないのでインスタントラーメンを登場させてしまいました。

色々なインスタントラーメンがありますが、一番好きなのがサッポロ一番の塩味です。

そういえば少し前に探偵ナイトスクープで、塩ラーメン(インスタント)のスープの香りがする木を探すという以来で、「サカキ」から塩ラーメン臭がすることが分かりました。


<シェフの馬券フルコースABC>

阪神8R 500万下

前走は道中ちぐはぐな競馬で直線では窮屈な場面があった◎パーソナルブレーンが巻き返す。

◎10パーソナルブレーン
○14サンライズスカイ
▲13ポーラシークエンス
☆4ロードニュースター
△7ヨドノヒーロー
△9ペプチドトップガン
△6シゲルエボシダケ

◎の複勝
◎から馬連流し


中京11R 愛知杯

先行馬が壊滅した府中牝馬を前で踏ん張り、追い込み勢が不発に終わったエリザベス女王杯で後方から動けなかった◎ニシノブルームーンが巻き返す。

父タニノギムレットはこのコース&距離と相性が良い。あとは大外枠がどうでるかだけ。

◎18ニシノブルームーン
○1ヒカルアマランサス
▲2メイショウベルーガ
☆3ブラボーデイジー
△4ラフレッシュブルー
△9マイネレーツェル
△7ウェデジングフジコ
△13ダイアナバローズ

◎の単勝
◎から縦横無尽に買ってみる


阪神11R ギャラクシーステークス

◎トーホウドルチェは阪神コースで3着を外したことが無い。ここ2戦は休み明けと距離が敗因。重賞2着した舞台で復活。

◎12トーホウドルチェ
○13ペプチドルビー
▲16ダノンカモン
☆3セレスハント
△1シルクビッグタイム
△5アンダーカウンター
△11ケイアイテンジン

◎の単勝(大勝負!)
◎から馬連流し


ベストクルーズが来る~ズ 

(ラーメン日記30)

フォト

みなよし 辛味噌ラーメン 700円

以前、醤油ラーメンを紹介した大学近くの"みなよし"。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1318889181&owner_id=8104352

今回は辛味噌ラーメンです。

辛いのが苦手なので、ヒ―ヒ―言いながら食べました。辛いラーメン好きな方にはきっと満足できる、スープです。

このお店の弱点はやっぱり"麺"だと思うんですよ。

無料サービスの豆腐とゆで卵はおいしいんだけど。


<シェフの馬券フルコースABC>

久しぶりにテレビでニュースを見た。そこで「ダジャレ王決定戦・D1グランプリ」というイベントが開催されたというニュースに出会った。

7歳~55歳まで決勝に残った28名が熱いダジャレ勝負を繰り広げた結果。

優勝者は秋田の中学生で、その作品は「キムチ鍋を食べるときむちいい」だった。

http://www.d1dajaregrandprix.com/information/d1.php?page=5

負けないような「おしゃれなシャレ」を使った日記のタイトルにしようと思う。


阪神11R 阪神ジュベナイルフィリーズ

昨日まで◎ステラリードでいこうと決めていた。このレースは過去3年、抽選を突破した1勝馬が勝っており、さらにその馬たちは3歳時に府中2400mのGIで勝利した。

しかし今年のメンバーにそのような可能性を感じる馬はいない。

コース改装後はじめて1800m以上で勝利を挙げている馬がいない組み合わせ。古き良き荒れる阪神JFが帰ってきた!

狙いは夏にデビューし、オープンや重賞で好勝負しながら前走で負けていた馬。ということでステラリードを狙おうと決めていたが、タイトルのシャレが決まらなかった!

ということで◎ベストクルース。

そんなわけないでしょ!別にダジャレ王決定戦に影響されたわけじゃ無いんだからね。

人気どころには不安材料が多数。

シンメイフジは新潟2歳S以来の直行は割引、

アパパネは大外枠と母がこのレースで大敗していることが不安、

タガノエリザベートは展開に左右されるだろう、

ラナンキュラスの前走は流れに乗れていたのに伸び切れなかった競馬が不満、

関東馬アニメイトバイオには輸送という難題が・・・

どの馬も信用できそうにない。では最も欠点が少ない馬は?それが◎ベストクルーズという結論に。

デビュー戦ではラナンキュラス、前走ではタガノエリザベートと接戦し内容ではどちらも互角以上のものを示した。特に前走は外枠から先行し粘る競馬で見せ場十分。

そして出走メンバー中唯一の母父サンデーサイレンスは不気味。

○ステラリードの前走はスタート前の蹄鉄打ち換えが響いた。レースでは一旦後退しながら盛り返す濃い内容。父スペシャルウィーク産駒が4頭出ているが母系にサドラーズウェルズが入っているこの馬が距離が延びて最も良さそう。

あとは前走圧巻▲アパパネ、ここが初の牝馬限定戦☆メイショウデイム、1戦1勝馬はとりあえず買っておきたい△タガノパルムドール。

4枠2頭とシンメイフジ、アニメイトバイオをおさえる。

◎15ベストクルーズ
○11ステラリード
▲18アパパネ
☆1メイショウデイム
△16シンメイフジ
△10タガノパルムドール
△8タガノエリザベート
△7ラナンキュラス
△6アニメイトバイオ

◎の単勝
◎から馬連流し


中山11R カペラステークス

ダイワディライトが人気だが昨年のこのレースではほぼ同じような成績だったダイワエンパイアが人気を裏切った。

◎ミリオンディスクは久々を叩かれて上昇、父アフリートなら道悪馬場もどんと来い。外枠有利が定説の中山ダート1200mだが、道悪になると内枠の成績が上がる。

穴は一度使ったダート戦の内容が良かった☆アイルラヴァゲインの一発。

◎4ミリオンディスク
○5ワイルドワンダー
▲1スリーアベニュー
☆6アイルラヴァゲイン
△7ダイワディライト
△11グンランドラッチ
△13エノク
△12フジノウェーブ

◎の複勝
◎から馬連流し


中山8R 500万下

前走の強引に捲る競馬で覚醒の予感がする◎レグルスハート。中山実績十分で狙い撃ち。中山実績を重視して○アクセプトアゲン、内枠も重馬場が残れば逆に有利になる。

◎11レグルスハート
○1アクセプトアゲン
▲14アポロラムセス
☆15ノボジュピター
△16ライカート
△4ナムラテルテル
△7マイティークラウン
△13フヨウ





ドリームサンデーが逃げる土曜日 

(ラーメン日記29)

フォト



福島大学生協 ホワイトチーズラーメン 400円


クリスマス期間限定メニューです。

とんこつラーメンに豚肉の塩コショウ炒めとチーズが乗った一品。とんこつスープとチーズが絡み合って新しい味が生まれる…のかと思ったら、普通のとんこつラーメン。

チーズよりもチューシューではなく普通の豚肉が入ってる点が不思議な感じがしました。

でもホワイトチーズって名前、チーズはたいてい白いと思うんですが。もしかしてとんこつラーメンのスープが白い点も加味されていたりして。


<シェフの馬券フルコースABC>

中山10R 南総特別

3~4コーナーで一気に捲った◎グランプリヒーローの前走。直線ではさすがに余力を無くしたが5着に踏ん張った内容は高く評価できる。

連闘実績[2・0・0・2]は十分で、一発を期待。

◎8グランプリヒーロー
○3ドリームクラウン
▲5フミノパシフィック
☆12サクセスオネスティ
△9ドスライス
△10ダノンブライアン
△14ミッキーフォルテ
△2エーブダッチマン


中京11R 中日新聞杯

毎年3歳馬が好走するこのレース、今年も菊花賞惨敗のナカヤマフェスタをはじめ菊花賞へ出走できなかった素質馬も集まっておもしろい組み合わせになった。

しかし最内1番という絶好枠を引いた◎ドリームサンデーの逃げきりに賭けてみたい。中京実績も道悪実績も十分で、何よりも中京のG3に滅法強い秋山騎乗は魅力的。

○トウショウウェイヴは典型的なサウスポー。ベストの距離に戻って巻き返す。春の中京記念は外枠に泣いただけで内容は悪くない。

▲5チョウカイファイトは初の2000mだが、使っていないだけで通用する可能性は十分。

◎1ドリームサンデー
○8トウショウウェイヴ
▲5チョウカイフェイト
☆15トーセンジョーダン
△6リクエストソング
△7アーネストリー
△10ナカヤマフェスタ
△3レオマイスター


阪神12R 1000万下

◎スリーサンビームが抜けている一戦。相手を思いっきり捻ってみる。

○カシノブレイヴリは阪神コースで全3勝を挙げているコース巧者。近走はハナを切れていないが、逃げれば変わる。

▲テンザンモビールの前走は距離が長かった、休む前に不慣れな芝を使われて戦績に傷が付いているだけに適条件に戻ったここは狙い目。

◎2スリーサンビーム
○13カシノブライヴリ
▲8テンザンモビール


あの夏と同じタップを聴く冬 

(ラーメン日記28)

4号線沿いの東京とんこつラーメン"屯ちん"

フォト

醤油とんこつラーメン 650円

フォト

海豚ラーメン 700円

麺は並盛り、中盛り、大盛りを選択可能。ゆで卵が食べ放題。

醤油とんこつはとんこつ特有の癖が無くとても食べやすかった。麺は太縮れ麺でコシがたっぷり。

海豚ラーメンは魚介ベースのスープでいままでに食べたことが無い味。一度試してみて。

http://tonchin.foodex.ne.jp/

そういえば最近細麺のラーメンを食べていないなぁと思った。


〈シェフの馬券フルコースABC〉

阪神11R ジャパンカップダート

佐藤哲三がGIでシチーの勝負服を着て1番人気を背負う。

淀み無いペースで先行し、ラスト5Fから常識破りのロングスパート。タップダンスシチーに見た夢はサンデーサイレンス全盛期に見た幻に近かった。

2004年の宝塚記念。

「海外は嫌いなんですけど・・・フランス語の本でも買って勉強します。」、佐藤哲が凱旋門賞に乗る。そんな夢のような話が現実となったあの夏を思い出さずには居られない。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1012050767&owner_id=8104352

ちょうど1年前、◎ワンダースピードを本命にし散ったこのレース。その1年後にこれほどまでタップについて語れるレースになるとは夢にも思わなかった。

プレザントタップの血を持った馬はワンダースピードとワンダーアキュートの2頭。それをプレザントタップが残した最高傑作・タップダンスシチーのすべてを知る男が作るペースに何も感じずに終わるとは思えない。


厳しい厳しい1番枠を引いた。それでも彼らは行くだろう。

目標にされても構わない、「これがオレ達の逃げだ!」と自らのレースを貫く。

馬の名はエスポワールシチー、あの夏と同じ夢を見る冬の一日。


タップはタップを呼ぶ!いや呼べ!

ゆえに…◎ワンダースピード。

初のGI挑戦は2年前のこのレース。圧勝するヴァーミリアンから2.0秒も離された9着だった。あれから2年、前走のJBCクラシックではその差をわずか0.1秒差まで詰めた。遠く離れた同期のスターに手を伸ばせばすぐ届くところまで来た。

昨年は枠順に泣いたが今年は好枠を引いた。関東遠征をすると立て直しに苦労する体質はとうとう変わらなかったが、今年は1度も関東へ輸送しなかった、大目標のこのレースにすべてをかけた陣営の本気度を評価したい。

エスポワールシチーが作る淀みない流れ、レースは4コーナー過ぎから激流に変わるだろう。腹をくくって直線一気に賭ければ…届くとみる。

恐らくここが生涯ラストチャンス、ここまで41戦…叩き上げのGI馬が誕生する。

相手本線は○シルクメビウス、タップダンスシチーが勝ったとき2着に連れ込んだのはヒシミラクルやブルーイレブンのサッカーボーイ産駒やザッツザプレンティにツルマルボーイのダンス産駒。消耗戦ドンと来いの菊花賞血統だった。

重いダートなら評価を下げたが、土曜の好走馬の血統を見る限り芝要素が必要なのが今の阪神ダートとみて評価を上げた。母系は一流のダート血統でGIでも十分に通用する。

ワンダーアキュートは阪神ダートがぴったりの配合、ここ2戦の勝ちっぷりは文句のつけようがなく▲。掛かり癖がある馬だけに大外枠に不安が残る。

あとは「本当は勝ってドバイへ」行って欲しい☆エスポワールシチー。

大穴はフェブラリーSの内容はこのメンバーでも引けを取らない△アドマイヤスバル、夏からの安定感も不気味、

○シルクメビウスとはほとんど差が無い戦績のに人気が大暴落した△スーニ、

3月のマーチSでエスポワールシチーの2着に突っ込んだことが忘れ去られている△ダイショウジェット。


◎14ワンダースピード
○12シルクメビウス
▲16ワンダーアキュート
☆1エスポワールシチー
△4ヴァーミリアン
△11ラヴェリータ
△3アドマイヤスバル
△8ダイショウジェット
△13スーニ

◎の複勝
◎から馬連流し
○☆、▲☆の馬連

あとはコネコネと3連複でも買ってみようか。


中山10R アクアラインステークス

前走で接戦したエノクが先週オープン勝ちした◎ハイエモーション。外枠断然有利の中山ダート1200mで大外枠なら崩れることは無い。相手探し。

○イセノスバルは父がこのコース得意のミスプロ系プリサイスエンドのイセノスバル。▲ブラックシャドウは中山ダート巧者、あとは前走は内で何もできなかった△ハードランナー、前走◎と差が無い△スマートブレードまで。

◎16ハイエモーション
○15イセノスバル
▲3ブラックシャドウ
△1スマートブレード
△2ハードランナー

◎から馬連流し


阪神10R ゴールデンブーツトロフィー

WSJSのなかでも特に荒れるレース、穴狙いが可能。できるだけ人気薄の外国人騎手が乗る馬を狙うのが鉄則、

◎ソラヲカケルは休養明けから馬が変わった。コースを問わずに自在な競馬ができる強みが直線でごちゃつきやすいこのレースに向く。

○スカイリュウホーの前走は仕掛けるタイミングを完全に逃した競馬で、まともなら巻き返せる。ただしローカル巧者の印象が強く狙いは次週からの中京かも。

◎10ソラヲカケル
○11スカイリュウホー
▲5キングストリート
☆6マヤノゴクウ
△8タガノプルミエール
△2ウォークラウン
△7グッドバニヤン
△14ドリームライナー

◎の単複
◎○▲☆△(タガノプルミエール)の馬連ボックス
◎から馬連流し


ディープに迫ったあの脚を思い出せ 

(ラーメン日記27)

福島駅西口から徒歩8分。

ラーメン・やきとり・鍋物のお店"来宝"(福島市太田町38-22)。

フォト

味噌ラーメン
まろやかなスープに太い縮れ麺。ノーマルな味噌ラーメンでハズれではありません。もう少しもやしなどの野菜があればさらに良いと思います。

フォト


ラーメン屋なのに注文数ナンバーワンはチャーハンということで注文した一品。
ただ油を多く使っているようで、多少脂っこい。さっぱりしたチャーハンが好きなだけに残念でした。


<シェフの馬券フルコースABC>

中山11R ステイヤーズステークス

1年に一度、国内最長距離のマラソンレース。4分間も馬が走っているところを見られるかと思うと幸せだ。

と書き出しが去年とほとんど一緒。予定があってレースが見られないのも一緒。昨年同様に馬券も当てたい。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1014554196&owner_id=8104352


◎ポップロックは一時スランプに陥ったがぶっつけ本番だった天皇賞春の内容を見る限り復調なっている。目黒記念は不良馬場で度返し可能。

中山コースでは有馬記念であのディープインパクトの2着に突っ込んだ実績がある、過去の対戦比較ではこのメンバーでは抜けている。そしてメンバー唯一と言ってもよい母父サンデーサイレンス(ダンスインザダーークはサンデー系のなかでも異質な血統として扱いたい。)は大きな魅力。

馬群が密集しやすい長距離線では終始ロス無く立ちまわれる内枠が有利、好枠を味方に復活に期待。

○トウカイトリックは4年連続での出走となる。ローテーションも4年連続で同じだ。前走は直線で苦手な瞬発力勝負となったが、少差の6着まで差を詰めており内容は優秀。

血統的にも父エルコンドルパサーで距離延長は大歓迎。さらに雨予報で"雨の日のキングマンボ"になりそうで楽しみ。


父ダンスインザダーク×母アドマイヤグルーヴの▲フォゲッタブル、☆ザサンデーフサイチ兄弟にはこの距離なら素直に期待したいところだが、中山芝コースでのダンスインザダーク産駒の成績が悪く評価を下げた。

穴は不良馬場の目黒記念の再現が怖い△ハギノジョイフルと前走のマクリ脚が不気味△ドットコム。

◎11トウカイトリック
○6ポップロック
▲5フォゲッタブル
☆10ザサンデーフサイチ
△13モンテクリスエス
△3エーシンダードマン
△7ドットコム
△16ハギノジョイフル
△15スノークラッシャー

◎の単複
◎から馬連流し
◎○▲☆△(モンテクリスエス)の馬連ボックス


阪神11R 鳴尾記念

比較の難しいメンバーだが将来性の高い馬が揃って楽しみな一戦。

◎ナムラクレセントは引っかかりながら3着した菊花賞や雨馬場を追い込んで3着した阪神大賞典の内容からもすでに重賞級の力を示していた。

春先は天候や斤量面で不利を受けることが多く不完全燃焼だったが、休養後は完全に本格化。特に前走は自力強化がみられここで崩れるシーンは考えられない。阪神外回りも西宮Sで圧勝していることからも適性十分。

相手本線は○ハイアーゲーム、前走は距離が長すぎた印象でこの距離に戻って巻き返しに期待。3年前の菊花賞以来の重賞挑戦となる▲アクシオンも魅力たっぷり、近走勝ち負けした馬たちは重賞でも通用するメンバーばかり。

◎11ナムラクレセント
○14ハイアーゲーム
▲13アクシオン
☆7イコピコ
△5スマートギア
△10サンライズマックス
△12シェーンヴァルト

◎の単勝
◎から馬連流し
◎○、◎▲のワイド


中山7R 1000万下

先行し直線で失速する競馬が続いている◎ゴールドエンデバーだが、得意の中山ダートに替わって一変の予感。重馬場実績も十分で雨は歓迎材料。

◎12ゴールドエンデバー
○11フェールクークー
▲13カラベルラティーナ
☆6フェイクスター
△7グリフィンゲート
△8プレンティラヴ
△16トーホウカラブラン
△3モアザンスマート

◎の単複
◎から馬連流し
検索フォーム
単オッズ
リンク
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。