この馬なりに頑張っているよ

予想が高度過ぎたために馬と騎手が付いて来ない・・・
 
 
プロフィール

Author:シャトー
ラーメンの食べ歩きと料理が趣味。毎週馬券を買うことが習慣。『3連複自由自在』の著者北野義則氏の理論を活用し、近走のレース内容から穴馬を見つけ出す。

訪問者数
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーネットと佑ちゃんの終着港 

(ラーメン日記98)

フォト
フォト

つけめん1号(800円)@げんきだま(福島県福島市)

水餃子(350円)@げんきだま

げんきだまのつけ麺1号です。一日10食限定。
麺は超極太でかなり固め。よく噛む必要があり、満腹中枢を刺激する。

水餃子は「手作りしました!」という感じが伝わってくる。家庭で作る餃子という感じ。

店長が若い女性なんだけど、元気は良いんですが声が高くて聞き取りにくい・・・。

あと水餃子を「みずぎょうざ」くださいと言ったら「すいぎょうざですね」と店員に返されて周りに笑われたのは内緒だ。


<あらっち二足のわらじ勝負馬券>

東京11R 天皇賞秋

土曜のスワンステークス、過去にこの日記で予想したときは「朝日杯orNHKマイルカップ好走馬と相性が良い」というデータを使っていた。

なのになんでNHKマイルカップ馬ジョーカプチーノを無視してしまったんだろう…。

2着ショウナンアルバも3歳春に共同通信杯を勝っている馬。荒れるスワンステークスの典型と言うレースだった。

歴史はくりかえす。日はまたのぼりくり返す。

◎スーパーホーネットは一昨年の毎日王冠でウオッカ、カンパニー以下の強豪を完封した。2000m実績が無いが、単にマイル戦に特化したローテーションのためで、通用する可能性を秘めている。

これまで全く好走できなかった安田記念で2着と父ロドリゴデトリアーノ産駒の特徴どおり、歳を重ねて円熟を増している。トライアル好走→本番凡走というのがお決まりのパターンだけに、ぶっつけ本番はプラスといえるかもしれない。

道悪なら内外関係無くなる東京コースだけに豪快な追い込みを期待できた。しかし一旦晴れると内から回復していくコースだけに、外を回るのは不利だろう。

SS、トニービンなどのメジャー血統を持たない点も不安。ミラクルアドマイヤ産駒のカンパニーといえども、トニービンの孫だった。

でもいいじゃないですか。晴れたとしても、道悪だったとしてもブエナビスタ、アーネストリーが来たらつまらん天皇賞だったなと思えば。

父への尊敬、母への敬意、異形のアウトロー血統としてここまでやってきたんだから。単勝20倍弱の8番人気、1番人気で迎えるGIよりもこれくらいの方が身分相応。

佑ちゃんとともに長く苦しかった大航海を終わりにしよう。目指すは5枚目の銀メダルではなく、初めての金メダル。

昨年はカンパニーが8歳にして悲願を達成した舞台で、今年は7歳のスーパーホーネットが悲願を成就する。

機は熟した、未来へ行くなら、ロドリゴデトリアーノを待て。

相手はアーネストリー。ブエナビスタの2強本線。
☆スマイルジャックは安田記念、毎日王冠ともに伸びないコースを通ったもので、捌き方次第で上位陣と差は無い。

◎15スーパーホーネット
○2ブエナビスタ
▲12アーネストリー
☆6スマイルジャック
△10シンゲン
△3ジャガーメイル
△7ペルーサ
△1ショウワモダン

◎の単複
◎から馬連流し
◎○、◎▲から3連複流し


京都11R カシオペアステークス

◎ナムラクレセントのベストパフォーマンスは1周目から掛かりまくりながら3着した菊花賞。当時の和田騎手と久しぶりのコンビ復活。

春天4着馬が、秋天の裏で悔しさを晴らして重賞戦線へ舞い戻る。

◎9ナムラクレセント
○8トゥザグローリー

◎の単
◎→○の馬単


京都8R 1000万下

◎ネオギャラクシーの前走は出遅れたうえに向こう上面で10頭をごぼう抜きする大捲り。それでいて大バテせずに5着に踏ん張った好内容。

◎13ネオギャラクシー
○7ナリタスプリング
▲2シルクターンベリー
☆4グラヴィコード
△11ツルマルスピリット
△15オースミレジスタ
△6ケイアイプログレス

◎の単
◎○のワイド
◎から馬連流し


昨年、カンパニーが天皇賞を勝った時、心の底から「競馬と出会えてよかった」と感動した。
でも涙は出なかった。競馬に対する思い入れが、もう深くないんだと思った。
馬券の払い戻しもカンパニーの秋天がピークで、もうあのレースを越えることは無いんじゃないかと思っている。
馬券引退の日が近いのかもしれない(マイミクさんの日記で、この発言をいくつか見ているので)
本当に日本の競馬は大丈夫かと、心配になる。でも自分にできることは競馬のおもしろさを伝えることだけかもしれない。
それなのに伝えようとしている本人が「おもしろくない」と思っていたらどうなるんだろう・・・。

カンパニーが勝った時には涙も出なかったのに。
昨日、競馬とは全く関係なく涙が出た。疲れているんだろう。

でもやっぱり競馬で感動して泣いて、スッキリしたい。そのために予想して、馬券買って、レースを見るんだと思う。

月曜日は競馬のために休みをとる。

冗談で言っていたのに、本当に月曜に競馬開催がある。久しぶりに競馬に集中してみたい。

スポンサーサイト

大後悔の果てに見る黄金 

(ラーメン日記97)

フォト

チキンラーメン(300円)

チキンラーメン、どこかの居酒屋で注文したんですが、店の名前を忘れました。その場にいた人が日記を読んでいたら教えてください。

卵ポケットができたのっていつ頃なんだろう?



天皇賞秋の下ごしらえ


久しぶりにGI展望してみようと思います。

というのは台風接近でテンションが上がっているからです。
このままの進路をとって日曜日に首都圏を直撃すれば競馬をはじめて以来、初のGI順延を見られるかも。

GIは延期になった場合、翌週に実施されるという決まりを初めて知りましたが、土日の開催が中止になり月曜競馬が行われる。かなり現実味のある話です。

みなさん、休みをとって月曜日は代替競馬に備えましょう。

さて不良馬場必至の秋の天皇賞となりました。

でも難しく考える必要はありません勝つのは◎アーネストリーでいいでしょう。

母系に入るトニービン、ノーザーテーストという血は昨年の勝ち馬カンパニーと同じ。道悪も鬼と見る。

そして何よりも佐藤哲と佐々木昌のコンビ。タップダンスシチーとダブらすなという方が無理です。

まだ競馬に純粋な夢を持っていたころに見た、不良馬場のジャパンカップを大差で逃げ切ったあの走り。衝撃を思い出さずにはいられない。

宝塚記念で現役最強クラスとの差を詰め、秋を迎えて本格化。辿ってきた道のりもタップと同じ。

3年前の夏、デビュー戦で後の皐月賞馬キャプテントゥーレ、オークス馬トールポピー、シンザン記念馬ドリームシグナルを全く問題にしなかった素質馬。

父グラスワンダーが外国産馬ゆえに出走すら許されなかった盾の舞台で、さぁ圧勝を見せてもいましょうか。

挫折を乗り越えて遅れて辿りついた大舞台、栄光の秋がやってきた。


問題は相手です。

2番人気のアーネストリーを本命にするなんて…あらっちも終わったな。もう穴党と名乗るのはやめろ!!!という声が痛い。

当然、ヒモ穴狙いに徹しなければいけません。


道悪で切れ味が鈍るブエナビスタを消すことからはじめる。有馬みたいに先行もできるんじゃないの?

いやいやこの馬は先行したときは必ず差されている。ブエナが勝つなら後方一気以外に考えられない。


キャプテントゥーレは長い直線では集中力が切れるタイプ、ジャガーメイルは弱化版オウケンブルースリだから4着でしょ?、シンゲンとシルポートのホワイトマズルコンビは「雨なら!!」という期待だけ持たせて裏切るアサクサキングス詐欺に合うのが怖い…。


基本的に安田記念と直結するレース。特にマイラーズカップや毎日王冠で好走したカンパニー、ダイワメジャー、アグネスアークなどタイプと相性が良い。

だったら素直に春の安田記念で1&2着だったショウワモダンとスーパーホーネットでいいのではないでしょうか?

では1頭ずつ解説しましょう。


ショウワモダン(父エアジハード)

一端のオープン馬だった馬が今春に突如本格化。59キロを背負ったオープン特別を圧勝後の中1週で挑んだ安田記念、大外から突き抜けて39戦目でGI制覇。

ところが秋を迎えて毎日王冠、富士ステークスと大敗が続き、回避と思われた天皇賞秋。

しかし陣営は「台風直撃、道悪必至」という予報を信じて連闘を賭けてきた。

GIに連闘で出走する馬は数少ない。世論ではいろいろ問題視されているが、君たちは忘れたのか天皇賞のアグネスデジタルを、秋華賞のプロヴィナージュを。

「出走までの過程でゴタゴタがあった馬は買いの一手」という個人的格言をしんじてみよう。

しかも枠順は父エアジハードが99年3着で涙を飲んだときと同じ馬番、1枠1番。母父トニービンなら昨年のカンパニーと同じくトニービンの孫。

スピード馬場の安田記念を制しているが、元来が道悪巧者で叩き良化型、叩かれ叩かれGIを勝ったヒシミラクルを思い出す。連闘くらいのショック療法がいい方向にでる可能性もある。

兄は幻の天皇賞馬ユメノシルシ。新潟記念を圧勝し、さぁ天皇賞という直前に故障し後に悲運の死を遂げてしまった兄の無念を弟が晴らすというドラマがあるかもしれません。


スーパーホーネット(父ロドリゴデトリアーノ)

父ロドリゴデトリアーノといえばミヤギロドリゴが7歳で福島記念を制し、ゴールデンロドリゴが真冬のCBC賞で2度大穴をあけた。特に牡馬の良績は晩年の秋~冬に集中しています。

こんな晩成血統馬が、2歳の朝日杯で連対しクラシックを走っていたこと自体で不思議。

さらに母父エルセニョールといえば武豊騎手が騎乗し初の海外GIを制して号泣した馬、思えばその年も晩年7歳。

さて5歳の毎日王冠でウオッカを差し、カンパニーの追い込みを退けたスーパーホーネット。なぜこれまで天皇賞を使わなかったのか?

苦手としていた安田記念で4度目の挑戦で連対を果たし、さらに歳を重ね超晩成血統の血が目覚めつつある気がしてなりません。

8歳にして突如苦手コース(東京)を克服し完成した昨秋のカンパニーと重ねるのには無理があるでしょうか?

完成形に近づきつつあるスーパーホーネットが、大好きな季節を迎えてどれほどの走りを見せてくるのか。

ワンカラット、サンテミリオン、クォークスターという人気馬でことごとく敗退している藤岡佑騎手に悲願のGIをプレゼントできるでしょうか?


父はロドリゴデトリアーノ。

大航海時代、新大陸を発見したコロンブスの船員の名に由来するという誇らしき名。その子供が、共に成長した若者が、長く苦しい大航海の果てに見た大地は、きっと金色に輝いているはず。




何か日記を書いてみると◎スーパーホーネットで勝負したくなってしまいましたが、現時点での予想は・・・

◎アーネストリー
○スーパーホーネット
▲ショウワモダン

でどうでしょうか?


それよりも・・・

◎日曜京都開催中止
○日曜東京開催中止
▲土曜京都開催中止

の方が自信があります。


どうか天皇賞が順延になってこの日記が無駄になりませんように。

阿寒湖特別を忘れたらアカン 

(ラーメン日記97)

ラーメン日記は割愛します。

<あらっち二足のわらじ勝負馬券>

菊花賞である。

昨年も書いたがローズプレテージにみんなの夢を託してから3年が過ぎた。

一番好きなGIは?と問われれば間違いなく「菊花賞」と即答するだろう。

すべての馬が未経験の3000m。それは約1年半かけて築きあげられた世代内での勢力図がすべて塗り替えられる3分間。

早い時期から重賞戦線を賑わせた同期のエリートたちが夏休みを過ごす間に、休むこともせずひたすたらに走り続けてきた晩生のステイヤーが花開く。そんな逆転のドラマを毎年期待しています。

それはサラブレッドだけでなく、毎週競馬と向き合っている人間だからかもしれない。

GIシーズンのみ馬券参戦するファンを悪いとは言わない。

しかし灼熱の太陽が照りつける夏の小倉や新潟、寒風吹く淀や中山に、1年を通して馬と格闘し続ける人間だからこそ、誰にも見つけられない原石を見つけたい。

その努力の成果を発揮できる数少ないレースが菊花賞である。

ヒシミラクル、デルタブルース、オペラシチー、ソングオブウインド、ナムラクレセント、スリーロールス、フォゲッタブル・・・

今年も努力で才能を越えていく馬を見つけ出そう。
京都11R 菊花賞

エイシンフラッシュの直前回避でかなりの混戦模様。4年連続でダービー馬不在の菊となった。

◎シルクオールディーは1500mの新馬戦を大敗した。その後は距離を延ばすごとに成績を上げてきた生粋のステイヤータイプ。父がスタミナ型SS系(マンハッタンカフェ)で、母父がロベルト系は近年の菊花賞で穴を出す王道配合。

神戸新聞杯は身体を絞るために使っただけ。連勝中で勢いのある上がり馬が人気になる傾向がある菊花賞だが、実際に好走している穴馬はトライアルで負けているケースが多い。

ヒシミラクル、フローテーション、ナムラクレセントなどもトライアルでは掲示板を外した。

シルクオールディーの父マンハッタンカフェもセントライト記念では馬券圏外から巻き返した。

よって前走10着は全く気にならない。1.2秒差なら十分適性で逆転できる。人気急上昇のトウカイメロディーとの比較でも札幌戦の内容から引けは取らない。

相手はダービー2着馬には救済措置が取られることが多いレースなので○ローズキングダム、トニービンもSSもBTも3点セットで入っている▲ビートブラック、ダービーでの末脚は幻とは言わせない☆サンディエゴシチー。

◎シルクオールディー
○ローズキングダム
▲ビートブラック
☆サンディエゴシチー
△コスモラピュタ
△トウカイメロディー
△ヒルノダムール
△レーヴドリアン

◎の複勝
◎から馬連流し
◎から3連複流し
◎○2頭軸マルチ3連単

紅葉の季節に桜の輝きを 

(ラーメン日記96)

フォト

そーきそば@ぱいなっぷるハウス(福島県福島市)

福島駅東口から徒歩4分、ACXビルの2Fにある沖縄料理店、ぱいなっぷるハウス。

沖縄の麺料理といえばやはりそーきそば。

豚肉のエキスがたっぷりと出たスープは一度、味わって見て!!


<あらっち二足のわらじ勝負馬券>

京都11R 秋華賞

4着・・・

人気薄の穴馬を狙ったときに最も悔しい着順である。
でも上位3頭が順当に強かった場合、それは「3強以外では最先着」とか「大健闘だった」などと称えられる。それは悲しくも愛のある言葉かもしれない。

秋華賞ほど4着で泣いたGIは無い。予想をするようになった2002年以降、

2002年カネトシディザイア
2005年オリエントチャーム
2008年ブライティアパルス
2009年クーデグレイス

自慢では無いがすべて2桁人気の穴馬たち。あと1頭交わしてくれれば…という想いは時が流れても忘れない。

今年も4着に泣くのか・・・それとも・・・

そんな秋華賞の傾向を分析していく。近年、走る穴馬のタイプは二つに分類できる。

ひとつは父ダンスインザダークのレインダンス、ムードインディゴという菊花賞でも通用するスタミナ血統が強い。

もうひとつはブラックエンブレム、プロヴィナージュのようにミスプロ系、ヴァイスリージェント系というダート血統馬の好走。

これは直線の長いコースで行われる桜花賞、オークスとは違う適性が求められる京都内回り2000mの特性でもある。

◎オウケンサクラの母父は淀長距離の守護神リアルシャダイ。父バゴは印象が薄いがダート適性の高い種牡馬。桜花賞で逃げ、オークスで追い込んだ。一見ペースに恵まれての好走に見えるが、GIの舞台で異なった戦法で掲示板を確保したことに価値がある。

前走は切れるSSの血を持った追い込み馬がワンツーする流れであり、失速は不安材料にはならない。

2着に泣いた桜の舞台の無念を、紅葉の季節に晴らして、秋空に下で満開の桜を。

○ショウリュウムーンは母父ダンスインザダーク、前走は内で詰まってゴール前は全く追えずじまい。オークス大敗を体調、馬場などに原因を求めれば春先の実績からアパパネとは差が無い。

▲アグネスワルツは逃げてこその馬、強力先行馬スマートシルエットの除外で今回こそ理想的な展開が叶いそう。母父ヘクタープロテクターといえばブラックエブレム、アドマイヤメインと近年は秋のトライアルで力を隠す仕様のようで…。

☆エーシンリターンズは走っても走っても人気にならない不思議な馬。ペース、コース不問で3着を確保しつづける堅実さはここでも生きる。

◎8オウケンサクラ
○3ショウリュウムーン
▲9アグネスワルツ
☆11エーシンリターンズ
△15アパパネ
△10アニメイトバイオ
△17ワイルドラズベリー
△6コスモネモシン

◎の単複
◎から馬連流し


東京7R 500万下

◎スパラートの前走は新潟直線1000mに戸惑った分の大敗で、前々走までの内容を再評価する。

北九州記念でアイビスSD大敗のメリッサが鮮やかに巻き返したように、新潟直千競馬は特殊な適性が求められるコースで、今回とは全くリンクしない。

父サクラバクシンオーは東京1400mの特注血統。


東京10R 白秋ステークス

◎オリオンスターズは1400mの経験が少ないが7Rで狙ったスパラート同様に父サクラバクシンオーなら適性はある。

休み休み使われているが素質は高く、超ハイペースだった前々走で先行して4着は高く評価できる内容だ。


目標はタテヤマ師匠!!トップシャイン 

(ラーメン日記95)

フォト
フォト

塩らーめん(600円)@なるとや(愛知県名古屋市栄)

先週に引き続き名古屋で食べたラーメンを。

なるとやの塩ラーメン。麺は細麺で、つるつるといける。スープはあっさりめ、やはり締めの一杯を意識した作り。


<あらっち二足のわらじ勝負馬券>

京都11R デイリー杯2歳ステークス

ファストタテヤマ、ペールギュント、シェーンヴァルトなど未勝利勝ちで評価が低い馬が、個性的な追い込み馬への階段をかけ上がるレース。

◎トップシャインの前走は余裕の手ごたえで外外回り、直線も楽に抜け出してきた。かなり余裕を感じさせる勝ちっぷりで、時計も上がりも評価できる。さらに前進に期待したい。


◎4トップシャイン
○12レーヴディソール
▲6メイショウナルト
☆10クリーンエコロジー
△5グランプリボス
△3アドマイヤサガス
△8エイシンオスマン

◎の単
◎から馬連流し


東京11R アイルランドトロフィー

◎トリビュートソングはハイレベルだった日経賞、メトロポリタンSで出遅れながら見せ場十分の走り。このメンバーなら格上の存在。

◎7トリビュートソング
○13イコピコ
▲3トゥザグローリー
☆9トーセンジョーダン
△10ルールプロスパー
△5サンライズベガ
△2キャプテンベガ
△6デストラメンテ

◎の単
◎から馬連流し


京都12R 500万下

1000mを使われ続けていた◎ニシノミーチャンにとって前走の1700mは未知の距離。それでも崩れなかったように充実ぶりは本物。距離短縮でさらに前進。

◎11ニシノミーチャン
○1ワーズワース
▲14ペガサスヒーロー
☆15ハイローラー
△7スマートアーサイト
△8ヘリオスシチー
△10ワールドワイド
△4メイショウシェイク

◎の複
◎から馬連流し

スマーした顔でギア突っ込む 

(ラーメン日記94)

フォト

尾張名古屋のみそラーメン(880円)@尾張ラーメン 第一旭

月曜の夕方に急遽、名古屋へ出張することになった。帰ってきたのが昨日の夕方、その間に食べた名古屋グルメを紹介していく。

名古屋最大の繁華街・栄のど真ん中。尾張ラーメン 第一旭のみそラーメン。

スープは動物系と魚介系をブレンドしたもの、飲んだ帰りに立ち寄っている人たちがほとんどで締めの一杯向け。

そのためか丼の大きさがちょっと小さいが、中に入っている麺はボリュームたっぷり、細麺でつるつるといける。

ちなみに「第一旭」は京都にあるお店。全国各地に暖簾分けしているようで、東京には「第二旭」というお店もあるとか。

このラーメン日記でも初期の段階で京都駅近くの「第一旭 たかばし」を紹介していました。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1270721382&owner_id=8104352


<あらっち二足のわらじ勝負馬券>

京都11R 京都大賞典

◎スマートギアの前走は馬群を縫って伸びてきたものの時すでに遅しといった内容。今度は捌きやすい頭数で脚を余す心配は無い。

得意の京都で初重賞制覇を。

母父パドスールという血統から道悪は鬼の可能性も。

◎8スマートギア
○2メイショウベルーガ
▲6プロヴィナージュ
☆11フォゲッタブル
△4ベストメンバー
△9オウケンブルースリ

ちなみに最初の◎は取り消したフィールドベアーでした。でも練り直した予想はよく当たるから…。今年のダービーみたいに。

東京10R 毎日王冠

どれだけ雨が降るのか、読めないが◎ネヴァブションで攻める。

香港遠征で好走後の宝塚記念でも崩れなかったように、年齢的な衰えを感じさせないどころか、ここにきて力をつけているような印象さえある。

その宝塚記念が、ちぐはぐな内容。それでいて世界のナカヤマフェスタやブエナビスタ相手に小差の5着。もしかしたら今年の有馬記念はこの馬のものかもしれない。

◎1ネヴァブション
○2ペルーサ
▲10アドマイヤメジャー
☆6マイネルスターリー
△5ショウワモダン
△9スマイルジャック


ということで東西重賞でマーベラスサンデー産駒本命になりました。果たして結果は?

京都6R 500万下

◎クリムゾンブーケが適距離で変わる。前走でブリンカー効果は認められた、この距離なら集中して最後まで走れる。大外枠もプラス。

そして父は重ダートのクロフネだ。

◎16クリムゾンブーケ
○10スマートアルティラ
▲7シュテルンターラー
☆2シゲルコイヒメ
△9ピノブラン
△11アクアバンブー
△13ワンダーフウラン



全くタイムリーではありませんが、ナカヤマフェスタの凱旋門賞は快挙ですね。2着とはいえ非社台系の生産馬だけに価値がある結果だったと思います。

中小零細牧場の希望となれば良いですね。


誰がために実る栗ぞ? 

(ラーメン日記93)

フォト


前回に引き続き福島市にある"もちもちの木"よりつけ麺を。

スープの熱さは前回も伝えた通り。熱くて食べられずにいると、店員が「温かいスープをお持ちしましょうか?」って、冷めたスープを用意してくれと突っ込もうかと思ったがやめておいた。

帰る際に見送りにも来てくれる丁寧な接客姿勢だけどね。

スープはゆずの風味が効いた、なかなかのレベル。


<あらっち二足のわらじ勝負馬券>

朝から会社の植樹祭に参加してきた。昼御飯がジンギスカン食べ放題だった。しかし会場が「アサヒビール園」だったため飲み物がビールだけ。昼間から頭が痛い。

京都9R りんどう賞

先行・差しと脚質に幅がある◎カノヤキャプテン、前回は伸びない内に突っ込んでごちゃついただけ。このタイプは2歳戦では異常に人気がないケースが多い。

◎1カノヤキャプテン
○6タガノラヴキセキ
▲9ハピシン
☆2ツルマルワンピース
△4バラードソング
△5エーシンジェネシス

京都11R オパールステークス

オパールステークス、今年から距離は1200m。

前走がちぐはぐな内容だった◎ケイアイアストン、近走は控えても大丈夫になったが積極的に前付けすれば残り目がある。

○ショウナンカザンも前走はちぐはぐな内容。

◎16ケイアイアストン
○10ショウナンカザン
▲6ベストロケーション
☆11アイアムカミノマゴ
△18コパノオーシャンズ
△2ストリートスタイル
△14エイシンタイガー
△17エーシンダックマン

東京11R ペルセウスステークス

◎タガノクリスエスは左回りダートだと(1・1・0・1)と底を見せていない。三走前の新潟戦の内容からオープンでも左回りなら通用する可能性十分。

このレースは距離短縮馬が走る傾向にあるが、その傾向にも当てはまる。

◎12タガノクリスエス
○9ケイアイテンジン
▲5トーホウドルチェ
☆10ワンダーポデリオ
△2ダノンカモン
△11スズカコーズウェイ
△3エノク


思えば酔った状態で馬券を買うのははじめての経験かもしれない。
以前、飲み会帰りの夜に酔って予想したはじめてのレースが2008年のアンタレスステークス。馬連、3連複の万馬券を当てた記憶がある。

ワンカラットを買おうっと 

(ラーメン日記92)

フォト

醤油ラーメン@もちもちの木(福島県福島市)

住宅街のなかにあるラーメン店、もちもちの木の醤油ラーメン。

魚介ベースの醤油スープに中太の麺がよく絡みます。熱いスープが食欲を増進させます。

大きさは小、中、大の3種類から選べます。


<あらっち二足のわらじ勝負馬券>

中山11R スプリンターズステークス

◎ワンカラットがスプリント界の頂点に立つ。
2~3歳時にマイル以上のGIに挑戦しながら短距離戦線に矛先を変えてきた馬がスプリント界の頂点に立つという流れは依然、変わらない。

ワンカラットには牝馬クラシック挑戦、牝馬ながらNHKマイルカップ6着の実績がある。阪急杯の4コーナーで見せた震えるような手ごたえは今でも鮮明に覚えている。

ゴール前はサンカルロの追い込みで危うく2着だったが「1200までなら日本一」と感じた。

もし仮に高松宮記念に出走していれば確実に馬券に絡んでいたであろう。

夏に2連勝し、ビービーガルダンには完全に勝負付けを済ませた。あとは夏の短距離女王にとって鬼門となるこのレースのみ。

シーイズトウショウ、グランプリエンゼル、に無くてサンアディユ、スリープレスナイト、カノヤザクラにあったのはグラマラスパワー。500キロ級の雄大な馬体は中山の急坂を駆け上がるためにある。

父ファルヴラブは中山のJCを勝ち、種牡馬としては1200m適性が高い。謎めいたフランス牝系の力を凱旋門賞の週にみせてくれ。

相手本線は○アイルラヴァゲイン。先行馬が絡みまくる超ハイペースでこそ一撃が怖いエルコンドルパサー産駒。菊花賞のソングオブウインドは遥か昔でも、アップドラフトやサクラオリオン、トウカイトリックのように老いて盛んなところも存分に見せてくれている。

昨年4着時と変わり映えのメンバーなら通用して不思議ない。

ターコイズの血を野放しにすると怖い一撃必殺がある▲プレミアムボックス、ワンカラットとは前走で差がなかった☆ジェイケイセラヴィ。

◎8ワンカラット
○4アイルラヴァゲイン
▲11プレミアムボックス
☆15ジェイケイセラヴィ
△6グリーンバーディー
△5ビービーガルダン
△3サンカルロ
△7ウルトラファンタジー

◎の単
◎から馬連流し


ゴール寸前!!ギリギリヒーロー届く 

(ラーメン日記91) 

フォト

海老ワンタンラーメン@あきんどう(福島駅から徒歩5分) 

福島駅からこむこむ方面に歩いたところにある山形ラーメンのお店「あきんどう」の海老ワンタンラーメン。

コショウがぴりっと効いた醤油スープに柚風味たっぷりの具が入ったワンタンが乗っています。

柚がスープとあっておいしい!!

<あらっち二足のわらじ勝負馬券>

札幌11R 札幌二才ステークス

1000m通過64秒台という超スローペースだったコスモス賞で後方から追い込み届かずだった◎ギリギリヒーロー。あそこまでスローにならない今回はまともなら上位に食い込める。

血統的にも父ジャングルポケット,母父サンデーサイレンスなら上積みがある。

◎4ギリギリヒーロー
○11アヴェンチュラ
▲6ルルーシュ
☆10ゲットハッピー
△13オールアズワン
△2アドマイヤセプター
△5エイブルブラッド

◎の単複
◎から馬連流し


阪神10R シリウスステークス

いまだにシリウスステークスというと距離1400mで,エコルプレイスが逃げ粘ったり,アグネスウイングが追い込んだりするシーンが思い浮かんでしまう。

もうおっさんです。

◎ラヴェリータにとっては願ってもない先行馬不在のメンバー構成。実力は抜けているうえに展開利もありそう。

◎10ラヴェリータ
○5クリーン
▲11モンテクリスエス
☆6マイネルアワグラス
△7ワンダースピード
△9キングスエンブレム

◎の単
◎の馬連流し

阪神9R ききょうステークス

◎シゲルシャチョウの追い込み一発。1600,1800では長く1200では短い馬。ならば初の1400こそベストの可能性大。

◎6シゲルシャチョウ
○10スカラブレイ
▲3エーシンブラン
☆2タイセイファントム
△1オースミイージー
△5トキノゲンジ

◎の単複
◎から馬連流し&◎○,◎▲のワイド


検索フォーム
単オッズ
リンク
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。