この馬なりに頑張っているよ

予想が高度過ぎたために馬と騎手が付いて来ない・・・
 
 
プロフィール

シャトー

Author:シャトー
ラーメンの食べ歩きと料理が趣味。毎週馬券を買うことが習慣。『3連複自由自在』の著者北野義則氏の理論を活用し、近走のレース内容から穴馬を見つけ出す。

訪問者数
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大後悔の果てに見る黄金 

(ラーメン日記97)

フォト

チキンラーメン(300円)

チキンラーメン、どこかの居酒屋で注文したんですが、店の名前を忘れました。その場にいた人が日記を読んでいたら教えてください。

卵ポケットができたのっていつ頃なんだろう?



天皇賞秋の下ごしらえ


久しぶりにGI展望してみようと思います。

というのは台風接近でテンションが上がっているからです。
このままの進路をとって日曜日に首都圏を直撃すれば競馬をはじめて以来、初のGI順延を見られるかも。

GIは延期になった場合、翌週に実施されるという決まりを初めて知りましたが、土日の開催が中止になり月曜競馬が行われる。かなり現実味のある話です。

みなさん、休みをとって月曜日は代替競馬に備えましょう。

さて不良馬場必至の秋の天皇賞となりました。

でも難しく考える必要はありません勝つのは◎アーネストリーでいいでしょう。

母系に入るトニービン、ノーザーテーストという血は昨年の勝ち馬カンパニーと同じ。道悪も鬼と見る。

そして何よりも佐藤哲と佐々木昌のコンビ。タップダンスシチーとダブらすなという方が無理です。

まだ競馬に純粋な夢を持っていたころに見た、不良馬場のジャパンカップを大差で逃げ切ったあの走り。衝撃を思い出さずにはいられない。

宝塚記念で現役最強クラスとの差を詰め、秋を迎えて本格化。辿ってきた道のりもタップと同じ。

3年前の夏、デビュー戦で後の皐月賞馬キャプテントゥーレ、オークス馬トールポピー、シンザン記念馬ドリームシグナルを全く問題にしなかった素質馬。

父グラスワンダーが外国産馬ゆえに出走すら許されなかった盾の舞台で、さぁ圧勝を見せてもいましょうか。

挫折を乗り越えて遅れて辿りついた大舞台、栄光の秋がやってきた。


問題は相手です。

2番人気のアーネストリーを本命にするなんて…あらっちも終わったな。もう穴党と名乗るのはやめろ!!!という声が痛い。

当然、ヒモ穴狙いに徹しなければいけません。


道悪で切れ味が鈍るブエナビスタを消すことからはじめる。有馬みたいに先行もできるんじゃないの?

いやいやこの馬は先行したときは必ず差されている。ブエナが勝つなら後方一気以外に考えられない。


キャプテントゥーレは長い直線では集中力が切れるタイプ、ジャガーメイルは弱化版オウケンブルースリだから4着でしょ?、シンゲンとシルポートのホワイトマズルコンビは「雨なら!!」という期待だけ持たせて裏切るアサクサキングス詐欺に合うのが怖い…。


基本的に安田記念と直結するレース。特にマイラーズカップや毎日王冠で好走したカンパニー、ダイワメジャー、アグネスアークなどタイプと相性が良い。

だったら素直に春の安田記念で1&2着だったショウワモダンとスーパーホーネットでいいのではないでしょうか?

では1頭ずつ解説しましょう。


ショウワモダン(父エアジハード)

一端のオープン馬だった馬が今春に突如本格化。59キロを背負ったオープン特別を圧勝後の中1週で挑んだ安田記念、大外から突き抜けて39戦目でGI制覇。

ところが秋を迎えて毎日王冠、富士ステークスと大敗が続き、回避と思われた天皇賞秋。

しかし陣営は「台風直撃、道悪必至」という予報を信じて連闘を賭けてきた。

GIに連闘で出走する馬は数少ない。世論ではいろいろ問題視されているが、君たちは忘れたのか天皇賞のアグネスデジタルを、秋華賞のプロヴィナージュを。

「出走までの過程でゴタゴタがあった馬は買いの一手」という個人的格言をしんじてみよう。

しかも枠順は父エアジハードが99年3着で涙を飲んだときと同じ馬番、1枠1番。母父トニービンなら昨年のカンパニーと同じくトニービンの孫。

スピード馬場の安田記念を制しているが、元来が道悪巧者で叩き良化型、叩かれ叩かれGIを勝ったヒシミラクルを思い出す。連闘くらいのショック療法がいい方向にでる可能性もある。

兄は幻の天皇賞馬ユメノシルシ。新潟記念を圧勝し、さぁ天皇賞という直前に故障し後に悲運の死を遂げてしまった兄の無念を弟が晴らすというドラマがあるかもしれません。


スーパーホーネット(父ロドリゴデトリアーノ)

父ロドリゴデトリアーノといえばミヤギロドリゴが7歳で福島記念を制し、ゴールデンロドリゴが真冬のCBC賞で2度大穴をあけた。特に牡馬の良績は晩年の秋~冬に集中しています。

こんな晩成血統馬が、2歳の朝日杯で連対しクラシックを走っていたこと自体で不思議。

さらに母父エルセニョールといえば武豊騎手が騎乗し初の海外GIを制して号泣した馬、思えばその年も晩年7歳。

さて5歳の毎日王冠でウオッカを差し、カンパニーの追い込みを退けたスーパーホーネット。なぜこれまで天皇賞を使わなかったのか?

苦手としていた安田記念で4度目の挑戦で連対を果たし、さらに歳を重ね超晩成血統の血が目覚めつつある気がしてなりません。

8歳にして突如苦手コース(東京)を克服し完成した昨秋のカンパニーと重ねるのには無理があるでしょうか?

完成形に近づきつつあるスーパーホーネットが、大好きな季節を迎えてどれほどの走りを見せてくるのか。

ワンカラット、サンテミリオン、クォークスターという人気馬でことごとく敗退している藤岡佑騎手に悲願のGIをプレゼントできるでしょうか?


父はロドリゴデトリアーノ。

大航海時代、新大陸を発見したコロンブスの船員の名に由来するという誇らしき名。その子供が、共に成長した若者が、長く苦しい大航海の果てに見た大地は、きっと金色に輝いているはず。




何か日記を書いてみると◎スーパーホーネットで勝負したくなってしまいましたが、現時点での予想は・・・

◎アーネストリー
○スーパーホーネット
▲ショウワモダン

でどうでしょうか?


それよりも・・・

◎日曜京都開催中止
○日曜東京開催中止
▲土曜京都開催中止

の方が自信があります。


どうか天皇賞が順延になってこの日記が無駄になりませんように。
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://3renpukuformation.blog.fc2.com/tb.php/108-a639b120
検索フォーム
単オッズ
リンク
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。