この馬なりに頑張っているよ

予想が高度過ぎたために馬と騎手が付いて来ない・・・
 
 
プロフィール

シャトー

Author:シャトー
ラーメンの食べ歩きと料理が趣味。毎週馬券を買うことが習慣。『3連複自由自在』の著者北野義則氏の理論を活用し、近走のレース内容から穴馬を見つけ出す。

訪問者数
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カノヤキャプテンでえぇカノ? 

(ラーメン日記87)

フォト

つけめん(800円)@つけめん Shin.(札幌)

札幌駅すぐそばにあるJRタワー10Fにある札幌ラーメン共和国。
参加店のひとつが「つけめん Shin.1」、元気の良い客引きに見事に引っかかってしまった?

麺は太め、スープはほど良い甘みと酸味がある。「妥協なき追求」をモットーにしている店主の意気込みを感じる一品。

ちなみに中央上部に写っているおにぎりは具がチャーシューをマヨネーズで和えたもの。おにぎりのコンテストで賞を獲ったとか、なんとか?

でもどう考えても横浜のらーめん博物館のパクリにしかみえない共和国だったなぁ。



フォト

北海道グルメをもう一品。
乗り換えで止まった長万部、駅から少し歩くと海岸がある以外は何も無いド田舎。

そんな長万部の名物といえばかに飯。駅前に蟹飯弁当の専門店がある。時間があったので、弁当では無く、定食を食べてみました。


<あらっち二足のわらじ勝負馬券>

新潟と小倉の最終週にしてこの暑さ。この気温は初めての経験です。

明日は馬券抜きで注目したい馬が一頭。

小倉2歳ステークスに出走予定のブラウンワイルド。母父ヤマニンゼファーという血統を持つ同馬。

ゼファーといえば、パドックに飾られる応援幕のなかでは目を引く「ゼファー魂」の赤い文字。



本当に競馬ファンの鏡だよなぁ。

ヤマニンゼファーという文字を新聞で見かけることも少なくなった昨今。久しぶりの重賞級の登場にあの応援幕を出している塚田さんはじっとしていられるはずがありません。

果たして東京から小倉まで、ブラウンワイルドに会いに出かけるのか?

明日のパドックに「ゼファー魂」の幕が飾られるのかどうか?

いまから楽しみです。


小倉10R 小倉2歳ステークス

傑出馬不在の混戦模様。一応、中心はレコードで勝った新馬戦が圧巻だったブラウンワイルド(母父ヤマニンゼファー)だろうが狙いは同じく坂口厩舎の◎カノヤキャプテン。

先行力が武器で、使うごとに終いの粘りも増している。

デビュー戦はブラウンワイルドが勝ったレコード決着の新馬戦を先行して3着、2戦目は出遅れた後マクって4角先頭で最後シゲルシャチョウに差されて2着。負けた2戦も内容は良い。

どんな競馬にも対応できる自在性は不確定要素が多い2歳戦で大きな武器となる。

父ボストンハーバーは小倉1200の特注血統。

鞍上、太宰騎手も初重賞制覇の大チャンス。エイシンサンルイスのプロキオンステークスの実況が印象深い・・・。

「エイシンサンルイス先頭!!太宰騎手初重賞制覇まであと100m…しかし、残念ながら外からゴールドティアラ突っ込んだ…太宰騎手、重賞制覇なりません。」というラジたん藤田アナの実況。


(動画は関西テレビ、石巻アナ)

"残念ながら"…という実況がむなしく響いた10年前。

2001年の菊花賞ではマイネルデスポットで渾身の大逃げを見せる。しかしまるでプロキオンSのビデオを見ているようにゴール前でマンハッタンカフェに差される。




太宰騎手にとって重賞のゴール前は苦い思い出だらけだろう。長すぎる夏の終わりにひとつの苦悩が晴れることを願って。


でも二度あることは三度ある。念のためカノヤキャプテンと太宰騎手が抜け出したゴール前で「残念ながら」外から伸びてくる馬を探しておく。

キョクチョウより偉いんだぜ○シゲルシャチョウ、距離短縮で一変した前走の末脚は鋭かった、ペースアップも問題なくこなせるとみる。

距離短縮で巻き返し怖い▲ラバーフロー、天性のスタートセンス☆シゲルキョクチョウ。

◎4カノヤキャプテン
○9シゲルシャチョウ
▲16ラバーフロー
☆14シゲルキョクチョウ
△3モアグレイス
△8ブラウンワイルド
△12ドレッドノート
△11ジンクアッシュ

◎の単複
◎から馬連流し


新潟9R 出雲崎特別

苦手、苦手と言ってもはじまらない。最後くらい新潟外回り定期貯金からお金を少しでも降ろしておきたい。

◎セブンライターズはデビューから一貫して芝1800を使われており、なかでも新潟での2戦は内容が優秀。

◎15セブンライターズ
○1マックスドリーム
▲9ハギノアスラン
☆13ヴィーヴァブーケ
△17メイショウジンム
△3ブレイクナイン
△7フライバイワイヤー

◎の複
◎から馬連流し


札幌9R 札幌日経オープン

ホクトスルタン、ミッキーミラクル、ゴールデンハインドと逃げ馬が3頭おり意外とペースは緩まないとみる。

◎デストラメンテの前走は完全に脚を余した不完全燃焼の内容。展開を味方に差しこむ。

◎11デストラメンテ
○6トウカイメロディー
▲10ゴールデンハインド
☆12モンテクリスエス
△2ホクトスルタン
△3ルールプロスパー
△8メイショウクオリア
△9ミッキーミラクル

◎の複
◎から馬連流し


ちなみに新潟2歳ステークスは◎1マイネルラクリマ。短距離戦を使われているが本質的に距離はこのくらいが良いタイプとみる。前走は厳しい流れを先行した価値ある内容。

父チーフベアハートのマイネルといえばマイネルレコルトを思い出さずにはいられない。
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://3renpukuformation.blog.fc2.com/tb.php/120-11493b47
検索フォーム
単オッズ
リンク
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。