この馬なりに頑張っているよ

予想が高度過ぎたために馬と騎手が付いて来ない・・・
 
 
プロフィール

シャトー

Author:シャトー
ラーメンの食べ歩きと料理が趣味。毎週馬券を買うことが習慣。『3連複自由自在』の著者北野義則氏の理論を活用し、近走のレース内容から穴馬を見つけ出す。

訪問者数
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

起こせ!黒い奇跡。JCダートは◎ミラクルレジェンド 

(ラーメン日記160)

フォト
フォト

醤油ラーメン&坦々麺@鈴蘭(宮城県栗原市)

東北新幹線のくりこま高原駅に隣接する宿泊施設兼温水プール施設にある休憩所のラーメン。
お店は温水プールの休憩場ということで、塩素のニオイが・・・
ラーメンはノーマルな感じ。特に強調点は見当たらなかった。

おいしいラーメンで無く、いろいろなラーメンを紹介するのがこの日記の趣旨だと思う。だから特に推奨する理由の見当たらないラーメンも取り上げてみました。


<シェフあらっちの馬券フルコースABC>

阪神11R ジャパンカップダート

「時計の針を戻すのか。それとも進めるのか」
民主党の野田さんが言ったようにダート界も覇権争いが激化している。

恐らく史上最強のメンバーが揃った。

エスポワールシチーやトランセンドの元王者が復権するのか。それとも新制ローマンレジェンドが一気に頂点に立つのか。また維新を求めるなら揃いも揃ったイジゲン、ハタノヴァンクール、ホッコータルマエら3歳勢だろうか。

ジェンティルドンナがJCを勝った。その前の年がブエナビスタ、3年前がウオッカ。有馬記念も4年前にはダイワスカーレットが逃げ切った。スプリント路線ではカレンチャンが主役を張る。

時代は牝馬なのになぜか「ダート路線」だけは牝馬が久しく頂点に立っていない。これは偶然かもしれない。しかし、注目されていない存在を敢えて抜擢するのが穴予想の基本。

馬券のオッズは日に日に厳しくなっていくが、そこは裏目裏目を常に新しい目線で切り込む予想が必要だ。手垢が付いてからではもう遅い。

◎ミラクルレジェンドが牝馬として初のJCダート制覇を果たす。

昨年は6着だが内容は秀逸。4角4番手以内の馬がすべて掲示板を確保。唯一追い込んだワンダーアキュートも内を回っての2着。外から差して6着は相当に強い内容。

今年は絶好の内枠をゲット。昨年の雪辱を果たす条件は整った。

父フジキセキ、母父デピュティミニスター系といえば何度も死の淵から蘇った奇跡のダート王カネヒキリと同配合。純粋なダート適性を比較すれば弟のローマンレジェンド以上だ。

○エスポワールシチーは年齢を経ても衰えない血が何代にも渡って重ねられている。帝王賞でいまは亡き幻のダート王・ゴルトブリッツに千切られた以外は全盛期の走りが蘇っている。

▲ソリタリーキングの兄はいわずと知れたヴァーミリアン。父キングカメハメハは3~4歳時は人気で好走、5歳以降は大穴を出すパパキャラ。1600万条件を勝ったばかりの昨年よりも重賞を連勝した今年の方が人気が落ちるパラドックス。買わない手は無い。

☆シビルウォーはJBCクラシックで最も強い競馬をした。あの日の川崎ダートは内が全く伸びない。きれいに外を回ったワンダーアキュートとの5馬身は決して能力の差ではない。スタート次第で逆転も十分。

◎3ミラクルレジェンド
○4エスポワールシチー
▲15ソリタリーキング
☆2シビルウォー
△9ホッコータルマエ
△10ローマンレジェンド
△12ワンダーアキュート
△7トランセンド

◎から3連複流し
◎の単複


中京10R 浜名湖特別

◎16ニシノテキータ

外枠有利な中京の芝コース。距離短縮、近走上がり上位の脚からニシノテキーラの一発追い込みに期待。


スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://3renpukuformation.blog.fc2.com/tb.php/14-f7c0c497
検索フォーム
単オッズ
リンク
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。