この馬なりに頑張っているよ

予想が高度過ぎたために馬と騎手が付いて来ない・・・
 
 
プロフィール

シャトー

Author:シャトー
ラーメンの食べ歩きと料理が趣味。毎週馬券を買うことが習慣。『3連複自由自在』の著者北野義則氏の理論を活用し、近走のレース内容から穴馬を見つけ出す。

訪問者数
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラクルおじさんは元気かな?宝塚記念は◎ウインバリアシオン 


(ラーメン日記152)

フォト
フォト

中華そば@三吉屋(新潟県新潟市)

新潟駅から徒歩5分くらいのところにある三吉屋。
ラーメン日記史上最高に”あっさり”な一杯。

麺は超極細でスープは透き通ったさっぱり感。飲みほしても全然重く無い!!


阪神11R 宝塚記念

ヒシミラクルが勝ち一介のサラリーマンが億万長者になってから9年が過ぎた。
まだ高校1年だったあらっちが本気で競馬を極めようと誓った暑い夏の日から9年。いまだに帯封は手に入れていない。
一度、帯封を手にしてから引退したい。

 オルフェーヴルの天皇賞春大敗は逸走した阪神大賞典後の調整過程のストレスの蓄積が原因とみる。力を出し切れば圧勝だが、心と身体のバランスがどこまで戻っているか?軸にするのは怖い。
 ◎ウインバリアシオンの父はハーツクライ。父も4歳時に2着しているように相性が良い。特に宝塚記念は直線が短い内回りで2200mという独特の距離がこれまで王道GIで一歩足りなかった馬の背中を押す。逆にいえばクラシックを圧勝した馬よりも、惜敗した馬に適性がある。父ハーツクライの母父はトニービン、消耗戦となることが多い宝塚記念には好相性。
 相手には○ナカヤマナイト、▲アーネストリーがおもしろい。両馬とも近二走は大阪杯、鳴尾記念と超スローペースを中段待機と持ち味を全く活かせていない。ナカヤマナイトはローテーションが2年前激走したナカヤマフェスタと同じで、父も同じステイゴールド。アーネストリーは当コースとの相性は抜群で、近走は全く向かない位置取り、ペースに泣いただけあっさり巻き返す余地あり。
 ☆フェデラリストは大阪杯後、天皇賞春と安田記念をパスしここ一本に絞った。中距離適性に賭けた陣営の意気込みを買う。
 
◎1ウインバリアシオン
○10ナカヤマナイト
▲8アーネストリー
☆12フェデラリスト
△11オルフェーヴル
△2ショウナンマイティ
△6エイシンフラッシュ
△7ルーラーシップ
△15トゥザグローリー

馬券は単勝と3連複1頭軸流しで。
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://3renpukuformation.blog.fc2.com/tb.php/22-c17df720
検索フォーム
単オッズ
リンク
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。