この馬なりに頑張っているよ

予想が高度過ぎたために馬と騎手が付いて来ない・・・
 
 
プロフィール

シャトー

Author:シャトー
ラーメンの食べ歩きと料理が趣味。毎週馬券を買うことが習慣。『3連複自由自在』の著者北野義則氏の理論を活用し、近走のレース内容から穴馬を見つけ出す。

訪問者数
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良馬場適性。日本ダービーは◎ヒストリカル 

(ラーメン日記150)

フォト

ゴマトマつけめん@げんきだま(福島県福島市)

ゴマとトマトベースのスープに麺を付けて食べる新感覚つけ麺。
スープのなかにポテトが入っています。パスタを食べているような、サラダを食べているような感覚。


東京10R 日本ダービー

快晴のダービーとなった。通常なら「道悪で予想が難しくなった」と言いたいが、今年は異例中の異例・・・「良馬場で予想が難しくなった」

まず皐月賞がまるで福島の最終週のような馬場で行われたことも近年では考えられないが、それに到るステップレースもすべて道悪。しかもJRAの馬場発表を信用しないと考えると、中途半端な道悪では本当の道悪。

だからこそ皐月賞が2月以来の余力十分ゴールドシップが勝ち、相手が軽かった若葉ステークスを経たワールドエースが2着したと仮定できないか。

ならば道悪の皐月賞で好走した馬にも反動が考えられる。

◎ヒストリカルが兄カンパニーが果たせなかったクラシック制覇を果たす。

道悪では無いステップレースで最もレベルが高かったのが「きさらぎ賞」。そこで見せたワールドエースを上回る末脚は破壊力十分。毎日杯は直線で追い出しを待たされながらマウントシャスタを差し切った強い内容。

異例のローテーションは今年に限ってはこの余力を残した過程がプラスに出る。兄カンパニーは10カ月ぶりの関屋記念を圧勝、近親トーセンジョーダンも札幌記念以来の天皇賞をレコード勝ち。間隔をあけても力を発揮でき、高速馬場への適性が高いことも血統から十分裏付けがある。

○ジャスタウェイ、きさらぎ賞と同様に数少ない良馬場で行われたアーリントンカップの末脚はこの舞台で。NHKマイルカップを上がり最速でまとめた馬はダービーでも好走する。

▲アルフレードも余力十分のローテーション。スプリングステークスを除けばまだ底は見せていない。

東京3戦3勝☆フェノーメノ、穴は前走でようやくまともにレースができた△クラレント。

◎2ヒストリカル
○4ジャスタウェイ
▲18アルフレード
☆11フェノーメノ
△10ディープブリランテ
△8ワールドエース
△6ゴールドシップ
△14トーセンホマレボシ
△13クラレウント

◎の単、◎から馬連&3連複流し
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://3renpukuformation.blog.fc2.com/tb.php/24-c4d6efcb
検索フォーム
単オッズ
リンク
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。