この馬なりに頑張っているよ

予想が高度過ぎたために馬と騎手が付いて来ない・・・
 
 
プロフィール

シャトー

Author:シャトー
ラーメンの食べ歩きと料理が趣味。毎週馬券を買うことが習慣。『3連複自由自在』の著者北野義則氏の理論を活用し、近走のレース内容から穴馬を見つけ出す。

訪問者数
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボトルの栓を抜き偉業達成待つ 

(ラーメン日記111)

フォト

東京醤油とんこつラーメン@ぬま屋(福島県福島市)

福島駅西口からとことこ歩いて7~8分、12月にオープンしたばかりのぬま屋。

メニューはシンプルにこの一品しか置いてません。

とにかく分厚いチャーシューは大注目です。あとは東京ラーメンのスープは甘みとコクがあって、東北では滅多に味わえない一品だと思います。


<あらっち二足のわらじ勝負馬券>


中山11R AJCC

この寒い1月、思い出すのは7年前の平安ステークス。

3連覇の懸った9歳馬スマートボーイ。「もう終わった」、「今度は無理」とテレビでも新聞でも言われていた、それでも京都1800mの鬼は意地を見せて5着。

コース適性は馬の能力や状態を凌駕することがある。それは穴馬券の基本。確かに馬券には絡めなかった、それでもあの時のスマートボーイが示したコース適性というものの大切さをいまも感じながら競馬をしている。

8歳馬◎ネヴァブションを3年連続の軸に据える。

思えば2006年のセントライト記念でマツリダゴッホと一緒に落馬したこの中山芝2200m。思えば遠くまで来たもんだ。オールカマーを三連覇、有馬記念で大穴を出したマツリダゴッホとともに中山の「鬼」となることを誰が想像しただろう。

あの落馬が無ければ、あのとき賞金を加算できいれば絶頂期に有馬記念に挑戦。

もしかしたらこの馬がディープインパクトを倒す、またはウオッカやメイショウサムソンを退けダイワスカーレットを振り切ってマツリダゴッホになっていたかもしれない。

でもそれは過去の話。

もうGIの栄光に手が届かなくても、歴史に名を刻むことはできる。未だに4頭しか達成しえない大偉業がネヴァブションにはかかる。

マツリダゴッホもみた同一重賞三連覇という偉業。

因縁のセントライト記念で勝ったのは「トーセン」シャナオーだった。同じ勝負服の本命馬が、ネヴァブションに立ちはだかる。過去の自分を乗り越え成し遂げる大仕事、相手に不足なし。こんな舞台を用意してくれたのはやはり神様のいたずらか?

長い旅路はすべて明日のために、今は前だけを見て歩もう。

ネヴァブションの「ブション」は「ボトルの栓」という意味。偉業達成のボトルの栓が抜かれたとき、かける言葉はたった一言。

「乾杯」

だけでいい。


平安ステークスの裏で「アサティス」に「ボーイ」がつく穴馬がいるなんて偶然にしては出来過ぎている○アサティスボーイ。この馬も中山の鬼。


◎2ネヴァブション
○11アサティスボーイ
▲6トーセンジョーダン
☆3コスモファントム
△5サンライズベガ
△7ミヤビランベリ

◎の単
◎から馬連、3連複流し


小倉5R 500万下

◎トーホウリッチの二走前は価値がある。前走は強かった勝ち馬を深追いしたことが敗因だろう。距離が少しでも短縮されるのはいい。

◎3トーホウリッチ
○8ユキノクイーン
▲11レオキュート
☆7クリノマックス
△1ミラクルフラッグ
△12ラブソネット
△6カネトシマイコサン

◎の単
◎から馬連流し

スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://3renpukuformation.blog.fc2.com/tb.php/88-ac291b39
検索フォーム
単オッズ
リンク
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。